受験資格と合格率のガイドのTOPに戻る
「受験資格と合格率のガイド」トップ >  福祉資格 受験資格と合格率 > 精神保健福祉士(PSW) 受験資格と合格率


精神保健福祉士(PSW) 受験資格と合格率



精神保健福祉士は、1950年代より精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職です。
近年は、精神科医療機関のみならず、医療・保健・福祉の分野で活躍する場が広がり、その必要性の高まりとともに期待される資格となっています。
就職先も病院、診療所、リハビリセンター、介護施設、生活相談員、障害者支援施設、公務員などの求人先企業・団体が多く、資格のなかでも就職先が多い資格に属します。
その分、受験資格要件が厳しく、合格率からみても難易度は比較的高い部類に入るといえます。

精神保健福祉士 受験資格
平成24年から受験資格が一部変わります。

1.※指定科目を履修したひとが次の条件を満たす場合に受験資格があります。

(1)福祉系4年制大学を卒業したひと。
(2)福祉系3年制短期大学を卒業し、相談援助実務業務経験1年以上あるひと。
(3) 福祉系2年制短期大学を卒業し、相談援助実務業務経験2年以上あるひと

2.※基礎科目を履修したひとが次の条件を満たす場合に受験資格があります。
(1) 福祉系4年制大学を卒業し、精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を修了したひと。
(2)福祉系3年制短大を卒業し、相談援助実務業務経験1年以上と精神保健福祉士短期
   養成施設(6月以上)を修了したひと
(3)福祉系2年制短大を卒業し、相談援助実務業務経験1年以上と精神保健福祉士短期
   養成施設(6月以上)を修了したひと

3.社会福祉士登録者であって、精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を修了したひと

4.1年以上の一般養成施設等を修了したひとで次の条件を満たす場合に受験資格があります。 

(1)4年制の一般大学を卒業したひと。
(2)一般の3年制短大を卒業し、相談援助業務1年以上の経験があるひと。
(3) 一般の2年制短大を卒業し、相談援助業務 2年以上の経験があるひと。
(4) 相談援助業務経験が4年以上あるひと。


※指定科目:入学時期によって必要とされる履修科目が相当異なるので注意が必要です。
24年4月に入学したひと:精神障害者の保健及び福祉に関する20科目を履修する必要があります。

/預里旅渋い筏’週擇喙隻臓⊃翰学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目 地域福祉の理論と方法 8渋綣匆颪畔〇磧´ぜ匆駟歉磧´ツ秉蠧声圓紡个垢觧抉腓叛験菠欷鄒度 κ〇禮垪眄と福祉計画 保健医療サービス ┯⇒擁護と成年後見制度障害者に対する支援と障害者自立支援制度 精神疾患とその治療 精神保健の課題と支援 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)精神保健福祉相談援助の基盤(専門) 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 精神保健福祉に関する制度とサービス 粟鎖西祿下圓寮験荵抉腑轡好謄燹´雲鎖席欸鯤〇祓臀演習(基礎) 伽鎖席欸
福祉援助演習(専門) 垣鎖席欸鯤〇祓臀実習 汗鎖席欸鯤〇祓臀実習指導 汗鎖席欸鯤〇祓臀実習

21年4月〜24年3月に入学したひと:精神障害者の保健及び福祉に関する科目16科目を履修していれば受験資格になります。
/預里旅渋い筏’週擇喙隻臓⊃翰学理論と心理的支援、社会理論と社会システム のうち1科目 地域福祉の理論と方法 8渋綣匆颪畔〇磧´ぜ匆駟歉磧´ツ秉蠧声圓紡个垢觧抉腓叛験菠欷鄒度 κ欸魄緡泥機璽咼后´福祉行財政と福祉計画 ┯⇒擁護と成年後見制度 精神医学 精神保健学 精神科リハビリテーション学 精神保健福祉論 精神保健福祉援助技術総論 精神保健福祉援助技術各論 精神保健福祉援助演習 粟鎖席欸鯤〇祓臀実習

21年3月までに入学したひと:精神障害者の保健及び福祉に関する12科目を履修する必要があります。

/翰学、社会学、法学 のうち1科目⊆匆駟歉穗澄公的扶助論、地域福祉論 のうち1科目 社会福祉原論 だ鎖整絣悄´ダ鎖席欸魍悄´精神科リハビリテーション学 Ю鎖席欸鯤〇穗澄´╂鎖席欸鯤〇祓臀技術総論 精神保健福祉援助技術各論 精神保健福祉援助演習 精神保健福祉援助実習 医学一般

※基礎科目
基礎科目も指定科目と同様に大学等を入学した時期により内容が異なります。
24年4月に入学したひと:入学時期に相当する指定科目の内、´↓きキΝЛ┃
21年4月〜24年3月に入学したひと:入学時期に相当する指定科目の内´キΝЛ┃+社会保障
21年3月までに入学したひと:入学時期に相当する指定科目の内´↓┃

精神保健福祉士国家試験 合格率 

平成24年1月28日・29日 第14回試験
 受験者数 7,770人
 合格者数 4,865人
 合格率  62.6 %

平成23年1月 第13回試験
 受験者数 7,233人
 合格者数 4,219人
 合格率  58.3 %

平成22年1月 第12回試験
 受験者数 7,085人
 合格者数 4,488人
 合格率  63.3 %

合格者は、およそ70対30の割合で女性が多く、また、合格者の6割は養成学校卒業者です。

精神保健福祉士登録者累計
52,112人(平成24年2月末現在)

精神保健福祉士養成施設 
短期養成校6カ月
  昼間通学:国際医療福祉専門学校(千葉)
       智泉ライセンスカレッジ(大分)
短期養成校1年
  夜間通学:F・C渕上医療福祉専門学校(福岡)
       
短期養成校9カ月
  通信制:専門学校日本福祉学院(北海道)
      YMCA福祉専門学校(神奈川)日本福祉教育専門学校(東京)
      東京福祉保育専門学校(東京)アルファ福祉専門学校(東京)
      京都医療福祉専門学校(京都)大阪健康ほいく専門学校(大阪)
、     広島福祉専門学校(広島) 専門学校高崎福祉医療カレッジ(群馬)
日本福祉医療専門学校(新潟)名古屋福祉保育柔整専門学校(愛知)
      大阪健康ほいく専門学校(大阪)四国中央医療福祉総合学院(愛媛)

一般養成施設
  昼間通学1年:専門学校北海道福祉大学校(北海道)国際医療福祉専門学校(千葉)
        首都医校(東京)日本福祉教育専門学校(東京)
        国際こども・福祉カレッジ(新潟)穴吹パティシエ福祉カレッジ(香川)
       
  通信1年9カ月:広島医療保健専門学校(広島)麻生医療福祉専門学校(福岡)
         大阪健康ほいく専門学校(大阪)高崎福祉医療カレッジ(群馬)他
などがあります。

関連コンテンツ

福祉住環境コーディネーター 受験資格と合格率

住まいの環境と福祉用具を高齢者や障害者の立場に立ってアドバイスする役割を担っています。 医療・福祉・建築の体系的な知識を持つことにより、関係する専門家と高齢者・障害者との意見の調整をはかりな・・・

手話通訳士・通訳者 受験資格と合格率

手話通訳士は厚生労働大臣の認定資格で名称独占資格です。 手話通訳士検定試験に合格しなければ「手話通訳士」を名乗ることはできません。 手話通訳者は手話通訳者全国統一試験に合格したひとですが、・・・